格安航空会社を選ぶために知っておきたいこと

日本でも海外のように、飛行機を使った旅行が当たり前になってきています。
近年、日本の企業も続々と参入している格安航空会社(LCC)の存在により、格安航空券を手軽に利用できようになってきたことが飛行機での旅を身近なものにしてくれているといえます。
しかし、料金が安いために不安を抱く人も多いと思いますが、格安航空会社を利用する場合、どのようなことに注意すれば良いのでしょうか。

従来の料金に比べ格安にできる理由

格安航空会社(LCC)での航空券が安いのにはきちんとした理由があります。
人件費など不要なコストを徹底的にカットすることで安い料金を実現しているのです。
不要なコストとは人件費や運営コストを言いますが、JALやANAなど大手の航空会社しか利用したことがない方にとってはあたり前だったサービスが、ほとんど有料、もしくは行っていない場合があります。
融通などもきかないことも多いので、初めて利用する場合は戸惑う方が多いので、事前にきちんと確認してから利用することをおすすめします。
事前の確認を怠ってしまうと、思わぬトラブルが起こる可能性がありますので注意しましょう。


どんなサービスがカットされているのか

格安航空券を実現するためにカットされているサービスの中で知っておくべきものは荷物を預けるためには料金がかかるという点です。
大手の航空会社では、ほとんどが無料のサービスですが、格安航空会社の場合はすべての荷物または重量により有料のサービスとされている会社が多いです。
事前に追加料金がかかる重量を把握しておかないと、驚く金額が追加料金として加算されることもあります。
また、重量により持ち込みができなくなる場合もあります。
それから、大手の航空会社では当たり前の機内食は、ほとんどの会社では有料です。
機内で販売されている場合もありますが、ない会社もあります。
機内で買えないのなら持ち込もうと思う方にも注意があります。
持ち込みが不可の会社もありますので、きちんと確認してからにしましょう。
それから、機内での映画などのサービス、毛布などの貸し出しも有料または行っていないです。

他にも予想外の手数料をとられる場合も

格安航空会社(LCC)でチケットを予約・購入する場合は、会社にとってコストのかからないインターネットで購入することを前提に作られていますので、空港のカウンターや電話など、直接人と関わりながらの購入方法を選ぶと手数料が高くなります。
また、座席の指定をすると手数料を取られたり、一度申し込んだサービスなどを変更してもらうと場合によっては、手数料が高額になったりします。
それから基本キャンセルの場合は返金などの措置はとってもらえません。

場合によっては手続き等で時間がかかり、突然の欠航もある

まず、空港で分かりやすい場所である中央付近にカウンターを構えるのは、大手の航空会社なので、格安航空会のカウンターは、端にある場合が多く、カウンターへ向かうだけで時間がかかります。
次に効率化を図るため運航スケジュールが過密に組んであるので、一度遅れが出るとそのまま遅れを取り戻すことができずに最終便は欠航になってしまう、など何等かのトラブルにより欠航になる場合が多くありますが、大手の会社のように他社の便に振り替えるなどはしてもらえません。
ほとんどが翌日などの自社の便に変えてくれるだけですので、出発日に飛行機に乗れない場合が出てしまいます。
そういった場合でも、格安航空会社(LCC)では、その日の宿泊先の手配などのサービスはありません。

デメリットもあることを頭に入れて検討すればとてもお得に使える

以上、格安航空会社のデメリットを上げてみましたが、やはりとても大きなメリットがあります。
なによりも格安航空券を手に入れることができるメリットは大変大きいです。
航空運賃を抑えるために上記のデメリットがあるのを理解すれば、格安航空券 国内旅行でとても快適に利用できるでしょう。
元々過剰なサービスが苦手な人や、飛行機にはサービスを求めるのではなく、移動手段としての仕事のみを求める人には何も不自由を感じることなく利用できると言えます。
チケットの価格も、シーズンやキャンペーンなどによって驚くほどの安さで購入できることがあります。
なるべく早めに購入した方が安く買えるので、欲しいと思ったらすぐに購入しましょう。
事前に格安航空会社の行っているサービスや注意事項をきちんと確認してから利用すれば、何らかのトラブルがあったとしても冷静に対応できるはずです。
上手に利用して、有意義な旅を楽しみましょう。

更新情報